準備してますか?心のカウンセラー。

スポンサーリンク

会社員になると、右も左もわかりません。

大学生 ⇒ サラリーマン

この違いはなんでしょう?

学生から社会人になる方、実は、実感がわかないのではないでしょうか?

大きな違いは、ストレスの選択ができるか?

1.会社員というのは、株主が経営のプロの社長を雇います。
2.社長は、分野別にプロである役員を選択
3.役員は、細かい役割毎にチームを分け、ボスと兵隊に分けます。
4.ボスが部長・課長・チームリーダー。それ以外は兵隊です。

会社という大きな枠から見れば、新卒社員は、まだお勉強期間。様々な点で非常に弱い立場にあるので、大変なのです。

誰しもが通った道ですが、一番厳しい状態なのはそのためです。

また、弱い立場ならではですが、嫌な人と出会っても、状況をかえることは、難しいのです。よって、その状況にある程度折り合いをつける必要があるのです。

ストレスの折り合い

ストレスを発散の仕方があります。

運動・適度な遊び・お酒といったものが皆さんが知っていると思いますが、その中で気が付かないうちに必要なのが・・・

カウンセラー

です。メンターといわれるケースもあるかもしません。

カウンセラーはどんな人なの?

カウンセラーはどんな人なの?ということになると思います。

同僚、先輩、両親、友達・・・それ以外?

学ぶ心あれば師現る。

僕にとっては、必要なのはコレ。

なんでしょうって感じですよね。この言葉は、ヨーロッパの古い言葉で、気持ちがあれば、周りの才能豊かな人が、先生になって道を示してくれるということです。

ちなみに筆者は、クリーニング屋さんと何気ない会話からアドバイザーになって、いつしか飲みに行く中になったりしました。彼のアドバイスでどれたけ助けられたでしょうか。

では、アドバイザーに適しているのは誰でしょうか?

すべてに対して、適切に回答できる人はいません。用途別に別けるのも1つであります。

一番信頼できるのは、親だから・・・という人がたくさんいるかと思いますが、親という存在は、心理的に愛情が近すぎる、かつ、世代が違うので、実はダメ。

心理的に近すぎるというのは、肩入れしてしまい、正常な判断ができないからです。簡単な事例を見れば、ボクシングや格闘等でスポーツを応援していると、相手がやられていると、”チクショー!”と悔しい気持ちをぶつけたくなることがあると思います。これが心理的に肩入れしてしまっているパターンです。自分がスポーツ選手になった気分になってしまうのです。

これが強いと、まともなアドバイスはできません。ただ、愛情が深すぎてなので、愛されてないと思いませんように♪

身近な友達もひとつではありますが、利害関係に気を付けましょう。

身近な友達・同僚は、利害がぶつかります。社会人では、思わずことで失言してしまうと、後々まで”あの人あんなこといってたよ”の連続です。

自分の成長段階でストレスで思わず出てしまう愚痴があります。

今いっていた愚痴も理解が深まるにつれて、いわなくなったりするものなのですが、そこでいったことで後々自分の人生が左右されるなんて面白くありませんよね。気を付けましょう。

アドバイザーからの卒業

アドバイザーとして付き合っている人と初めはよかったけど、最近歯車が合わなくなったな。。。と思うことがあると思います。

当然です。

理由はあなたが、成長したからです。

なぜなら、初めはよかったアドバイザーも世代・性別・文化の違いで、関係が解消されることも少なくありません。なんとなく歯車が合わなくなったな、と思ったら、無理に頼ることはやめましょう。

高校時代、大学時代は、ある程度所属している時間が決まってましたが、社会人は終わりは長いので切れ目がなかなか見えないのも一つ考慮にいれとくといいかもしれません。

インターネットで参考になる文献を探す、というのも手ですが、人との会話を大切にしてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする