2年目と新入社員の違いとは?

スポンサーリンク

俺ってダイジョブ?

会社に新入社員で入って2年目。。。

俺って成長してるのかな?

1年目の社員に追い抜かれるんじゃないか?

悩むことが尽きない、それがサラリーマンです。

先輩社員からも

おまえ2年目なんだから、それぐらいできろよ!

なんて言われてへこむことないでしょうか?

僕が新卒社員の頃は、そんな言葉の連続でプレッシャーと非常に傷がついたことを覚えています。

2年目で仕事ができないのは、自分が悪い?

実は、そんなことはありません。

1年目の頃のあなたを思い出しましょう。1年目は、社会人のルールを覚えるので精一杯だったはずです。先輩の手伝いに、全体感が見えない部分的な仕事、フロントに立って全体を見渡していないのだから、できないのは当然だったりします。

逆に言えば、まだ量をこなしてしつを 高める前から批判されるなんておかしくないか?というところです。

こんなことを思えてしまうのは、実は、指導員たる先輩の未熟さが原因だったりします。

先輩社員とは言っても、人間であり、優位な立場の上から命令してくる人。人間的に優れているとかではありません。会社で言う部長やリーダー職ですら、倫理がある人間があるわけではありませんから、先輩社員にそれを期待してはいけません。

では、どうすればいいの?

新卒社員の頃は、マナーでいっぱいいっぱいだったあなた。悩んでいる理由は簡単。

あなたに余裕ができてきているからです。

もう目の前の課題をこなすので、精一杯で周りが見えなかったらあなたは悩まなかったはず。少し余裕が見えて周りが見えてきた証拠です。それならば、今までのことを思い出して、会社・自分・周囲のニーズを探して、会社の見えないルールを探してみることです。

視点が変われば、自分の解決すべき課題が見えて、働き方も人への接し方も変わるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする