20代と30代の働き方の違い

スポンサーリンク

僕も気が付けばアラフォー。ちょっと今までの人生を振り返りたい。

20代と30代で変わった価値観

20代の頃は、ガムシャラに働いて1人前を目指して、人に認められたくて、出世したくて走っていたと思う。

30代になって、気が付いたのは、20代の頃あまり憧れてなかった大人になったこと。

大きなことは、

そこまで必死こいてなんでも仕事は受けなくなった

ということ。

20代を振り返って30代と比較する

20代の頃の働き方は、なんでも新鮮で血にも肉にもなって筋肉質なクオリティの高い仕事に対する成長に繋がる。

30代の働き方は、意味のある忍耐と無意味な忍耐が登場する。あれやこれやとおだてられて仕事をこなすのは、構わないけど、人間なので、疲れすぎると体が悲鳴をあげる。

仕事をもらってもらって。。。。気が付いたら、余裕がなくなって、空回りした挙句、ボロボロになって、うっかり感情的になったら、上司から低評価をもらうというボーナス受賞。

いわゆる、自分の能力を過信して仕事を受ける無能な人間とみられるのだ。

人に尽くす善意の気持ちなんてゴミ同然に失笑されるだけ。

いらない仕事はうけてはならないし、仕事は効率にこなして、余裕がある姿が自然と評価につながる。

仕事をこなすだけではダメな30代

僕には非常に貴重な機会が訪れた。花形商社で活躍して、とある大企業の日本法人の代表を務めた人の言葉だった。”ぶつかってもいいが、後に引かせないこと”

僕には、折り合い上手になること、そう今は捉えられている。

僕は20代の頃、仕事を真面目にこなさない人とよくぶつかった。意見の違いでもぶつかったこともあったと思う。

30代の半ばまでそれは続いたけど、35歳を超える頃には、ぶつかることをコントロールするようになった

いい仕事をしようとするには、やり方はたくさんある。そのやり方の違いでぶつかることはあっても、目指す方向性が同じなら話し合えばある程度のことはわかり合えるのだ。

もちろん、意味がないぶつかり方、話し合っても意味がない人は相手にしない。

よく人とぶつかることを完全に避けることが仕事だと思っている人がいるが、ぶつかることを避けると、ぶつかったときに折り合いの付け方をしらないまま大人になる。

それが結局不幸になる。

意見がぶつかって調整する能力、仲良くなる能力、人を理解する能力、いろいろなものが成長しないからだ。特に日本人には、話し合う文化がないが、海外の人は、育った環境が違いすぎるので、話し合う文化に慣れているので、日本人の能力が欠如しているポイントと思ってもいい。

35歳からの世界

35歳を超えてからは、仕事のほとんどが、単調なことの繰り返しに思えることが多くなった。20代の頃、プロジェクトを任されて学びと情熱は既にない。だいたい、こなしなれているので、うまくこなして、余力を残せればいいと思っている。

ただ、35歳で求められることで思うのは、高リスクをとって、先人の知恵や経験を生かしつつ、新しい領域に手探りで進むことだと思う。だって、毎日が退屈すぎるし、自分ができることは、だいたい先輩方はできて、特色がない自分は、代わりが誰でもなれる存在になるからだ。

会社に役立つスキルを身に着けた人は、ニーズがあって生き残ることになる

最後に。

20代は、仕事をこなすことで、いっぱいで、低リスク、言われたことを守るのが中心。

30代は、人との摩擦をコントロールし、必要があれば、ぶつかってお互いを理解しながらリーダーシップを手探りで進む。20代の頃みたいに、学ぶ比重は少ないけど、自分で手探りで探していくしかないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする